HOME
日常臨床におけるジャスティIIIの活用 五味 博之
 
根管治療における作業長の決定はエンド成功への第一歩である。アピカルエンド(根管拡大形成における根尖最先端位置)は、根尖部の象牙−セメント質境付近の最も狭窄した部分で象牙−セメント質境よりやや歯冠側よりに位置する(図2)。この位置は解剖学的根尖から1.0mm―1.5mm歯冠側になる。作業長が短いと残髄や汚染物質の取り残しによる予後不良症例を招き、作業長の誤りによる根尖狭窄部の過剰拡大は術後疼痛の原因になる。つまり、作業長の測定が正確に行えれば根管治療は50%成功といっても過言でない。そこで、数多くの電気的根管長測定器が開発されてきた。しかし、従来の電気的根管長測定器は根尖狭窄部を少し出た部位を測定する機構のため、根尖狭窄部を破壊する危険があり、臨床の場で大きな問題となっていた。今回発売された第三世代根管長測定器ジャスティVは、単にこの問題を解決しただけでなく、根管内に挿入したリーマーの位置を把握できる画期的な根管長測定器である。
 
実際の臨床例によりその有用性を示す。症例1は下顎右側第二大臼歯の不可逆性歯髄炎の症例である(図3)。治療に先立ち歯科用デジタルX線画像処理装置コンピュレイ・アルティメットの距離計測機能を使用して、根管長を術前に把握する(図78)。髄室開拡後、狭窄した樋状根のため穿通専用ファイルMMC Kファイル(図9)を用いてジャスティVで測定しながら穿通した。メーター表示がファイルの位置を正確に表示するため、安心して作業が進められる。X線写真に示すようにメーター値−0.5mmで根尖狭窄部を表示した(図4)。以前の根管長測定器では、根尖狭窄部をわずかに超えた部位を測定する機構のため、根尖狭窄部を破壊する危険があったが、ジャスティVの使用によりその危険を大幅に軽減できる。また、現在はエンジン用ニッケルチタンファイルを用いたクラウンダウン法による拡大形成が主流であるが、ジャスティVは根尖狭窄部までの残りの距離が把握できるため安全に拡大形成が行える。
 
作業長測定後、トルクをワンタッチ4段制御できるハンドピース・NiTiコントロール(図1011)にK3オリフィスオープナー(図13)を装着して根管口部から根尖方向へと.10テーパーから.08テーパーへとファイルを変え、クラウンダウン法で拡大形成を行った。この際、作業液としてEDTA製剤ファイリーズを用い(図14)、根管洗浄はタービンホースに接続するだけで洗浄・吸引・乾燥が一工程で行えるクイックエンドSITを使用すると便利である(図15)。根管上部の拡大形成後、.06と.04テーパーのK3を用いて根中央部と根尖部の拡大形成を行い、拡大形成終了後、サリー(図16)を使用してクロルシッド(次亜塩素酸ナトリウム溶液)で根管洗浄を行った。
 
根管充填は通常システムB(図17)を用いた高速加圧充填で行っているが、今回の症例は狭窄した樋状根のため、三次元的にガッタパーチャを注入できるオブチュレーションガッタNT(図18)による根管充填を行った。根充後のX線写真で近心に死腔が認められたので、システムBで加圧しながら再充填した(図56)。
 
症例2は根未完成の慢性根尖性歯周炎の症例である。以前の根管長測定器では測定が難しい症例であるが、ジャスティVで容易に測定が行えた。根尖部をMTAで封鎖し、ガッタパーチャで根管充填を行った(2021)。
第三世代電気的根管長測定器ジャスティVを使用することで、根管治療の更なる成功率の向上が期待できる。
 
 
 
図1_エクシードefのサイドテーブル上のジャスティIII   図2_アピカルエンド(矢印)となる根尖狭窄部は象牙=セメント境より歯冠側にある
⇒ Topに戻る  
 
図3_症例1 術前のX線写真   図4_ジャスティIIIの値−0.5で根尖狭窄部を示す
⇒ Topに戻る  
 
図5_X線写真 近心に死腔が認められる   図6_システムBで加圧根充後
⇒ Topに戻る  
 
図7_コンピュレイ・アルティメット   図8_距離測定機能により術前に作業長を把握できる
⇒ Topに戻る  
 
図9_穿通専用MMCファイル   図10_NiTiコントロール
⇒ Topに戻る  
 
図11   図12_タービンホースにクイックエンド、エンジンにNiTiコントロールを装備している
⇒ Topに戻る  
 
図13_根管治療用ファイルK3オリフィスオープンナー   図14_EDTA製剤のファイリーズと次亜塩素酸溶液のクロルシッド
⇒ Topに戻る  
 
図15_クイックエンドSITによる洗浄   図16_サリーのキャビテーション効果で確実な根管洗浄が行える
⇒ Topに戻る  
 
図17_加熱根管充填システム システムB   図18_オブチュレーションガッタNT・スタータキット
⇒ Topに戻る    
 
図19_シリンジタイプ・ガッタパーチャ オブチュレーションガッタNT   図19_充填時に使用したルートキャナルシーラー
⇒ Topに戻る  
 
図20_症例2   図21_MTAで根尖部の封鎖
⇒ Topに戻る  
 
図22_根充時   図23_開発者の庄司先生と著者