HOME
術者の感覚をとても大切にしてくれる新感覚の根管長測定器といえる。 松見秀之
 
全く新しいコンセプトで開発された第3世代の根管長測定器、ジャスティIII が発売された。今までの方式と違って、指先の動き(ファイルの先端位置)がリニアに測定結果に反映されてくる。ディスプレイはデジタル化され、初期画面と、その後ファイルの先端が根尖付近2.5mmに近接すると拡大・距離比例方式画面に代わり、その位置を0.2mm 単位で詳細に伝えてくれる。そのディスプレイの角度は術者の位置により調整ができるので大変使いやすい。さらにコード類も本体に収納できるので後片付けも便利になった。
日常の歯内療法で見えない根管内をイメージするとき、指先の感覚がリアルタイムにディスプレイ上で表現されるとしたら、根尖がまるでトンネルの出口のごとく明確にかつ正確に感じ取ることができよう。一部アナログ時代の良さを残しつつ、また技術的裏付けも万全となったジャスティIIIは、術者の感覚をとても大切にしてくれる新感覚の根管長測定器といえる。