HOME
液晶画面が根尖孔に近づくと02.mmずつに拡大表示され、詳細な操作も可能としている。 山田邦晶
 
根管処置における多くのステップの仕事の中で注意深く行わないといけない重要なステップの1つに“ 根管長測定”がある。日常臨床においてこの処置は、重要にも関わらず、何の気なく通り過ごしているような気がするが、それは根管長測定器のお陰である。このステップをないがしろにすると、後の治療過程に影響を与えたり、術中・術後の知覚異常や不快症状の原因にもなりかねない。特に“ 作業長の決定”に際しては、重要な仕事をしてくれている。今回、発売された「ジャスティIII」も私の臨床の助けをしてくれる1つの武器となる感触である。それは従来から難しいとされている症例に対して工夫をなしているからである。例えば、若年者など特別な症例を除いても、大臼歯など歯髄腔の太い所や狭窄した部分など、さまざまな様相で1つの歯牙を構成している症例がある。ジャスティIIIはこのような同一歯牙の中で条件が変わることによる反応変化に対応してくれるという点である。また、液晶画面が根尖孔に近づくと1目盛0.2mmずつに拡大表示され、詳細な操作も可能としている。